すみれの集い 規約  

第1(目的) 本会は、スミレ類を愛好する人たちで構成され、スミレ類全般に関す
 る情報交換並びに会員相互及び他の愛好団体との親睦を計ることを目的とする。

第2(名称、所在地) 本会は、すみれの集いと称し、事務所を事務局担当世話人
 宅に置く。
2 英語名を、Tokyo Violet Club と称する。

第3(事業) 本会は、次の事業を行う。
 (1) すみれ展を年1回行う。
 (2) 定期会合として例会及び野外観察会を行う。
 (3) 会報「すみれニュース」を年3〜4回発行する。
 (4) すみれの系統維持のため、株の維持培養及び種苗の配布活動を行う。
 (5) 他の愛好団体との交流及び情報交換を行う。

第4(会員) 本会の趣旨に賛同し、会費を納入した者を会員とする。

第5(会計) 本会の運営は、会費、寄付金、種苗配布代金等による。
2 会計年度は、1月1日から12月31日までとする。
3 会費は年3,000円とし、その納入は例会時又は郵便振替とする。
4 経費は、例会の会場費等、必要最低限を徴収する。

第6(運営) 本会の運営は、次によって若干名の世話人により行う。
 (1) 世話人は、総会において会員の中から推薦選出される。
 (2) 個人への負担集中を避けるため、活動目的により担当制とし、主とする世話
   人は、事務局、会計、会報、展示、野外観察、新人、渉外、その他とする。
 (3) 世話人の再任は、妨げない。
2 世話人は、互選により対外的に代表者を選出する。
3 会計監査は、総会にて別途選出する。
4 総会は、会計年度の第1回例会時に開催し、参加会員と委任状で成立する。
5 この規約は、総会で見直し、改正できる。
6 運営事項は、逐次臨時総会で決定される。

第7(その他) 例会及び野外観察会は、会員以外の参加を認める。

   付 則
 この規約は、1982年7月1日から実施する。  

   付 則  (郵便振替導入と例規文形式としての変更)
 この規約は、2001年1月1日から実施する。  

   付 則  (名称変更)
 この規約は、2004年11月28日から実施する。

  


INDEXへ戻る