364842
すみれの集い画像掲示板
[トップに戻る] [掲示板の利用上の注意] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
投稿する前に必ず「掲示板の利用上の注意」をお読み下さい。
「どんな種類のすみれ?」と言う疑問にお答え出来るかも・・・
(もちろん同定以外のすみれの情報も受け付けてます。)
写真だけでの同定は大変難しいので
出来るだけ「花の拡大画像」「花の横からの画像」「植物体全体の画像」「葉の画像」を添付して下さい。
複数の画像をアップする場合は、返信にて投稿して下さい。
※ 撮影場所は都道府県+北部、中部、南部などまでとしてください。(市町村名は書かない。)
当会は原則としてマルチポストを認めておりません。マルチポストはご遠慮下さい
画像の容量は500KBまでとしてください。

 
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL (ホームページをお持ちの場合に入力)
画像添付 (掲示板に写真をアップする場合に入力)
修正・削除キー (英数字で8文字以内 記事の修正・削除時に必要です)
文字色

Для регистрации аккаунтов 投稿者:TravisDug 投稿日:2017/04/25(Tue) 04:27 No.5058   HomePage
Шуточные http://pozdravhappy.ru прикольные поздравления на телефон


Услуги Сбербанка России чтобы ча... 投稿者:Richardhow 投稿日:2017/04/25(Tue) 03:07 No.5057   HomePage
Сберба?нк крупнейший российский <a href=http://piggiebank.ru/>сбербанк</a> безраздельный коммерческий банк. Контролируется Центральным банком Российской Федерации, которому принадлежат более 52 % акций.
Предоставляет <a href=http://piggiebank.ru/>сбербанк</a> обширный спектр банковских услуг.


ナガバノスミレサイシンでしょうか 投稿者:こおろぎ 投稿日:2017/04/21(Fri) 19:57 No.5049  
こんばんは
本日、茨城県の山でスミレの写真をとってきました。
ナガバノスミレサイシンでよろしいでしょうか。
花の色だけみているとヒナスミレにも見えてきます。



Re: ナガバノスミレサイシンでしょうか あけみ - 2017/04/21(Fri) 20:45 No.5050  

こんばんは。

他の角度の写真や葉の写真はありますでしょうか?
可能性としては柱頭の形がサイシン系なので
「ナガバノスミレサイシン」
「ナガバノアケボノスミレ」のどちらかではないかと思われます。


Re: ナガバノスミレサイシンでしょうか こおろぎ - 2017/04/21(Fri) 21:06 No.5051  

ありがとうございます。他の角度の写真を送ります


Re: ナガバノスミレサイシンでしょうか こおろぎ - 2017/04/21(Fri) 21:07 No.5052  

写真がぬけていました



Re: ナガバノスミレサイシンでしょうか こおろぎ - 2017/04/21(Fri) 21:08 No.5053  

もう1枚送ります



Re: ナガバノスミレサイシンでしょうか あけみ - 2017/04/21(Fri) 21:19 No.5054  

写真をありがとうございます。
距の形やうっすらと見える葉の状態から
「ナガバノスミレサイシン」で良いと思います。

とても綺麗な「ナガバノスミレサイシン」ですね(*^_^*)


Re: ナガバノスミレサイシンでしょうか こおろぎ - 2017/04/23(Sun) 16:28 No.5056  

同定して頂きありがとうございました。とっても役立つ掲示板です。助かりました。それにしてもスミレってどうしてこんなにも可憐な花なのでしょうか。スミレをみていると、園芸種の花がすごく人工的に見えてきます。


全花弁生毛のスミレ 投稿者:本棒 投稿日:2008/04/30(Wed) 20:48 No.1399  
本棒(ほんぼう)です。栃木県北東部に在住です。

我が家から車で15分程の県の施設の近くで、側弁のみならず上弁更には唇弁にも毛の生えた「スミレ(マンジュリカ)」を見つけました。花弁の毛は苞葉の付け根付近にだけ生えていて、それを頼りに付近をさがすと結構な数が見つかりました。
同じような報告例がありましたらお願いします。

# その県施設の駐車場のアスファルトの隙間には「リュウキュウシロスミレ」と思われる株が数多く有り(多分、芝生に紛れて入り込んだもの)、更には「スミレ(マンジュリカ)」との交雑種(我が家の「ヘイリンジスミレ」にそっくりですが、捻性が1/10〜1/100で1粒から2粒有ります)も見受けられます。なかなかオモシロイ観察スポットです。


Re: 全花弁生毛のスミレ あけみ - 2008/05/01(Thu) 00:02 No.1408  

こんばんはっ

東京在住なのに栃木県大好きな私です。
さて、お尋ねのスミレに似ているかどうかはわかりませんが
全弁に毛がある「スミレ(マンジュリカ)」の写真を添付してみます。
上弁の毛はちょっと判りづらいですが・・・

栃木県は行けば行くほど楽しい場所ですっっ



香りの強いスミレ 投稿者:しょうなん 投稿日:2009/03/17(Tue) 10:14 No.1737  
ニオイタチツボやシコク、タデなど、香りの良い日本のスミレを探しています。
どこで入手することができますでしょうか。


Re: 香りの強いスミレ とおりすがりの人 - 2009/03/20(Fri) 22:33 No.1744  

香りの強いスミレでヒゴ系のスミレなら,デパートや園芸店で良く売ってますよ。しょうなんさんの言っているスミレはどこでうってるんでしょうかね?栽培,難しそうなものばかりで,栽培するより自然の中で見た方が良さそうな物の様に思えますが…
もし,どうしてもと言うなら2chとかで情報を探した方が見つかるのでは?
 
(不適切な発言ならこのスレッド削除して下さい)


Re: 香りの強いスミレ あけみ - 2009/03/20(Fri) 23:14 No.1747  

こんばんはっ

「ニオイタチツボスミレ」は稀にデパートや大型園芸店で見かけることがあります。
香りの良いと言う点で疑問が・・・
何故「シコクスミレ」と「タデスミレ」なのでしょうか?
両種とも決して良い香りとは言えません
良い香りであるのは
「エイザンスミレ」「ヒゴスミレ」
「エイザンスミレの交雑種」「ヒゴスミレの交雑種」などです。
香りは弱いですが「シハイスミレ」も良い香りがすると言う方がいます。
「シコクスミレ」「タデスミレ」は園芸店、デパートでの購入はまず無理でしょう。
栽培が難しい事も原因でしょうが、商品価値は無いそうです(ナーセリー談)。


Re: 香りの強いスミレ しょうなん - 2009/03/25(Wed) 08:51 No.1781  

お教えいただき、ありがとうございます。
「あけみ」さんのご意見によりますと、エイザイスミレ、ヒゴスミレの方が、いい香りがするのですね!エイザンスミレもヒゴスミレも、いわゆるスミレのいい香りがしますね。
でも、スミレの様々な情報を集めてみますと、ニオイタチツボスミレやシコクが、香りが強く、いい香りがすると記載されています。
実際には、そうではないのですね!
大型園芸店にはお足を繁く運ぶのですが、ほとんどがニオイスミレです。

話しはニオイスミレに飛びますが、ニオイスミレといってもいろいろな形状・色のものがありますね。これは、交雑されたものがニオイスミレと総称して販売しているのでしょうか。


Re: 香りの強いスミレ 遠藤 - 2009/03/25(Wed) 12:09 No.1782  

ニオイスミレはヴィオラ・オドラータと言いまして中東原産のスミレです。
ヨーロッパでは品種改良が進んでいろいろなタイプの物があります。香水の原料にもなります。日本には戦前に入ってきて千葉県等で栽培されておりました。すみれの花束等が用途です。今出回っていますのはその残りで数タイプあり、販売されております。すみれのニオイを嗅ぐならそれが良いでしょう。ただし香りは味盲と同じで人によっては感じない様です。柑橘系の香りは大丈夫なのにすみれのニオイが全然ダメと言う人を多く知っております。
逆にどんなに遠くても嗅ぎ分けスミレを探し当てる人もおります。
香りは難しいものです。


Re: 香りの強いスミレ しょうなん - 2009/03/30(Mon) 13:55 No.1811  

遠藤さま

詳細なご説明に感謝いたします。
ありがとうございました。


花がないのに種? 投稿者:羽生 投稿日:2007/07/19(Thu) 22:09 No.1051  
以前、道端のスミレの名前を教えていただいた羽生です。
スミレについて「こういうことってあるのかしら?」という疑問が出てきたのでお邪魔しました。

私はスミレが好きで3,4年ほど前から友人が集めてくれた種を蒔いてみたり、他からいただいたスミレの鉢を育てたりしていましたが、日当たりの加減などで実は全くうまくいきませんでした。
種を蒔いてみても育つことがなく、失敗ばかり。
どう考えても日照不足だと思い、我が家で一番日が当たる西側のベランダに移動させたところ花が全くつかなくなっていた株が満開になるなど、今年の成果は上々でした。
これは来年に期待ができる、と思っていたところ、放置していた鉢から突然スミレが湧いてきたのです。

この鉢は、去年の夏の終わり頃にポーチュラカをさし芽で植えた鉢です。
ポーチュラカは花が終わった後にそのまま枯れてしまったのでずっと放置していました。
ふと気付いたら、すみれがあるのです。(驚)
もうすみれの花の時期はとうに過ぎているので花は来年と思ってそのままにしていてふと気付くと、なんと実がついていて二度びっくり。
ふたつ実があったのは確認していましたが、そのうちの1つが先日はじけて種を飛ばした? ようなのです。(青丸内)
しかし、よく種を飛ばした後でも種が1つ2つ残っていたりするのに全く見当たりません。
もう1つの実も近いうちにはじけるかもしれないので(赤丸内)様子を見てみます。

しかし、それよりも何よりも、私はこのすみれが花を付けているのは全く見ていないのです。
鉢類はほぼ毎日全てチェックしているので、花が咲いていれば確実にわかるだけに謎です。
こういうことを経験された方はいらっしゃいますか?



花がないのに種? 羽生 - 2007/07/19(Thu) 22:13 No.1052  

長くなって申し訳ないのですが、もうひとつ。

この鉢は去年11月にフリージアを植えて、花が終わったので土を乾燥させてから球根を取りだそうと思っていたものです。
これも、すみれの花が全て終わった後から蒔いたはずのないすみれがワサワサと湧いてきました。
おかげで球根が掘れなくなってしまったものです。
こちらも花が咲けばわかるはずなのに、種が飛んだ後が。。。(赤丸内)

他にも、一昨年くらいに種を蒔いたものの成果のなかった鉢が、今はすみれの葉で満杯、というものもあります。
生命力の強さを感じつつ、不思議です。



Re: 花がないのに種? あけみ - 2007/07/19(Thu) 22:48 No.1053  

こんばんはっ

スミレやセンボンヤリ、ホトケノザ(19種ほどあります。)は「閉鎖花」を付ける
植物として有名です。

タネあかしはは簡単です。
「閉鎖花」と呼ばれる花から朔果になり、種子が飛散し
居心地の良い鉢で発芽し成長したと思われます。

「閉鎖花」とは花弁を持たない花
「開放花」とは通常見慣れた花(花弁があるもの。)


花がないのに種? 羽生 - 2007/07/21(Sat) 02:11 No.1054  

あけみさん、詳しくありがとうございます。
なんちゃって園芸をここ2年ほどしていますが、なにせ「なんちゃって」なので
実際には草花のことなどそんなに詳しくありません。
閉鎖花、、、聞いたことがあるような、ないような、です。
すみれにもそんな技があったんですね。
小さな草や花であっても、自然の力って凄いし面白いです。
こういうことをあらためて気付かせて教えてくれる小さな草花に感謝です。

来年の春、花が咲いたら報告に来ます。ありがとうございました。


Re: 花がないのに種? yamazaki - 2007/08/05(Sun) 22:06 No.1055  

羽生 様
スミレの閉鎖花は特に顕著ですね。いろいろ閉鎖花をつける植物は有名ですが、今に時期は、ツりフネソウの仲間、二人静は今盛んに閉鎖花をつけてます。もっと進化すると地上で開放花をつけ、土の中に閉鎖花をつける植物があります。現在、日本で知られてるのは「ミゾソバ、マルバツユクサ、ヤブマメ」ですが、最近ミヤマタニソバに見つかりました。
http://www.y631.jp/newpage28.html


これもフモトスミレの範疇 投稿者:takigoyama 投稿日:2011/05/13(Fri) 08:55 No.2849  
あけみさん御無沙汰しています。
測弁の毛は密生しているほどではありませんが(トリング画像)確認できます。
鋸歯は粗くて目立ちます。距はポチャリタイプ 花色は紫色 唇弁は濃い紫すじ
近くにはシハイスミレのようなのとフモトスミレが咲いていました。08年4月群馬県
フモトシハイスミレだったらニッコリ キッパリとフモトスミレでもガッカリはしませんよろしくお願いします。



Re: これもフモトスミレの範疇 takigoyama - 2011/05/13(Fri) 08:59 No.2850  

柱頭の形はよくわかりません



Re: これもフモトスミレの範疇 takigoyama - 2011/05/13(Fri) 09:06 No.2851  

乾いた尾根道と斜面には両方咲いていました。



Re: これもフモトスミレの範疇 takigoyama - 2011/05/13(Fri) 10:50 No.2852  

この日は離れた場所でこんなのも



Re: これもフモトスミレの範疇 takigoyama - 2011/05/13(Fri) 10:57 No.2853  

さらにこんなタイプもNo2849 2852
は同じ仲間なのかますます混乱しています。



Re: これもフモトスミレの範疇 hiro - 2011/05/16(Mon) 12:08 No.2855  

 takigoyamaさんこんにちは。
あけみさんの答えが未だ出ないので,私自身の考え方(捉え方)を書きますので参考にしてみてください。シハイとフモトの交雑に近いミツモリスミレ(マキノxフモト)では,花全体がピンク色で花弁の外側の縁が白くなるタイプが怪しいです。更に,唇弁の紫条がフモトスミレの様に細かく複雑に入る,側弁の毛が有ると言う条件も当てはまると更に真実味を帯びてきます。また,距が周りのマキノスミレよりも太くて短いと言う事も雑種ではないかと考える材料になります。また,マキノスミレが片親の場合はマキノスミレがフモトスミレの葉の形とかなり違うので判断材料になります。総じて,周りのマキノスミレの葉よりも大きく幅が広く,葉先が空を向かないで地に伏します。又,周りにあるフモトスミレの葉よりも大きく葉の長さが長く,先端が尖る感じになります。
 但し,ミツモリスミレの全てがこの様な特徴を持っているかどうかは未だ不明で自分が見たミツモリスミレの1タイプでの判断基準としてです。

 それをふまえると2849,2850は雑種の可能性が高いです。2852は葉の形や葉の色と言う点で雑種っぽいのですが,花の側弁に毛がない様なのでシハイの可能性が高いです。更に2853はシハイスミレだと思います。
最終的な判断は時期を変えて観察し,種が出来るかどうかを見る必要があると思います。
 
 細々とした事を書いておきながら,結論を出せない回答で申し訳有りません。


Re: これもフモトスミレの範疇 あけみ - 2011/05/16(Mon) 14:20 No.2856  

takigoyamaさん
こんにちはっ♪
hiroさん
フォローありがとうです♪

さて・・・
13日に返信を書く始めたのですが
アップする際に不手際があり
コメントが消えてしまい根性がつきていました・・・(汗)

No.2851の右側の個体が「マキノスミレ」であろうこと
理由は、花の位置が葉の下側になっている
葉柄と葉身のバランス
私の心の叫び などからそう思いました。

花色や葉の幅などは母種によりかなり変異しますが
そもそもの「フモトスミレ」の花の色が美しいタイプで有ること
「マキノスミレ」の花の色もやや濃い事などから
「ミツモリスミレ」(No.2853は距と紫条が「シハイスミレ」ではない)
「フイリミツモリスミレ」(No.2852も距と紫条が「フイリシハイスミレ」ではない)
で有ろうと推測します。
「シハイスミレ」の変異の幅が大きく一概に形にはめることが
難しい種ですが、群馬、栃木両県で発表された「シハイスミレ」は
再度研究が必要だと思っています。
現時点で私が観察して感じたことは
「ミツモリスミレ」起源の個体を
「シハイスミレ」と誤認しているのではないかと思うこと
現に栃木、群馬両県の「シハイスミレ」とされた個体のいくつかは
「ミツモリスミレ」と思われるものが多かったです。
また、「シハイスミレ」とするには
花の形、花の大きさ、葉身、葉柄のバランス、紫条の形など
「ミツモリスミレ」を示唆するもので有ったことなどから
再度の研究が待たれる状況です。
ただし、関東近辺で見られる「シハイスミレ」は
西日本で見られる個体群とは形状に違いが見られるのも事実です。
「シハイスミレ×フモトスミレ」も「ミツモリスミレ」も種子が良くできる個体もあります。
特に種子からの分離個体になるとややこしい・・・
稔性≠基本種ではないので観察には注意が必要です。
各地で撮影した「シハイスミレ」の写真を貼付します。
距の長さと唇弁の形、紫条に注目して見てください。



Re: これもフモトスミレの範疇 あけみ - 2011/05/16(Mon) 14:21 No.2857  

パートAです。



Re: これもフモトスミレの範疇 あけみ - 2011/05/16(Mon) 14:26 No.2860  

夏葉の状況です。



Re: これもフモトスミレの範疇 takigoyama - 2011/05/16(Mon) 20:18 No.2861  

hiroさんありがとうございます。>花弁の外側の縁が白くなるのは見逃していました。
あけみさんもしかして嫌われていると(笑)思ったらコメントが消えてしまったんですね

キラリ〜ピカリ 気がつけよ 俺様ダ〜的な大株オ−ラだとビィビィときますが控え目
なのは難しいです。詳しい解説に画像作成ありがとうございます。


Re: これもフモトスミレの範疇 takigoyama - 2011/05/17(Tue) 18:11 No.2862  

あけみさん はたしてこれまで栃木と群馬県でシハイスミレを見たのだろうか
No2857群馬県固体に似たのを引っ張りだしてみました。花は葉より下
葉の先は急に尖りません マキノスミレの葉よりゴワゴワした感じです。



Re: これもフモトスミレの範疇 takigoyama - 2011/05/17(Tue) 18:17 No.2863  

これがフモトスミレだとするとスハイスミレ1に対してマキノスミレ9
の割合で同居している感じです。



Re: これもフモトスミレの範疇 hiro - 2011/05/18(Wed) 07:39 No.2864  

おはようございます,takigoyamaさん。

話が混乱してきてますね。申し訳有りません。
2863はフモトスミレではなく,問題のシハイ又はマキノスミレと呼ばれているスミレです。理由は距が筒型で長いこと,唇弁の紫条がフモトスミレの様に複雑でないことからです。

いつも,画像での説明が出来なくてすみません。
また,入力のミスによる揚げ足取りになっていたら申し訳有りません。


Re: これもフモトスミレの範疇 あけみ - 2011/05/19(Thu) 13:33 No.2866  

takigoyamaさん
こんにちはっ

えっと・・・
混乱させてごめんなさいです。
まず、栃木県、群馬県の「シハイスミレ」と呼ばれる個体群は
再度の調査が必要であること
栃木県、群馬県で見られる個体は「マキノスミレ」が多いこと
上記から
今回ご依頼の写真は
「ミツモリスミレ」と「ミドリミツモリスミレ」ではないかと思います。

もしも、確実に「シハイスミレ」となれば
「フイリフモトスミレ×シハイスミレ」「フモトスミレ×フイリシハイスミレ」
「フイリフモトスミレ×フイリシハイスミレ」「フモトスミレ×シハイスミレ」のどれかになると思います。
正直に言って誰も「シハイスミレ」と「マキノスミレ」の違いを明確に分けられる学者は現時点ではいないと思います。
フロラジャパンでは同一種扱いになっていたりします。
ややこしい話になり申し訳ないです。
「マキノスミレ」と「シハイスミレ」に関しては
すみれ愛好家及び研究家でも意見が真っ二つに割れてしまうほど
難しい事だと思って頂ければ幸いです。


Re: これもフモトスミレの範疇 takigoyama - 2011/05/19(Thu) 16:00 No.2868  

hiroさんあけみさんありがといございました。バッサリとはいかない厄介な奴と理解して
群馬栃木ではビィビィ来る奴以外はチラ見だけで詮索しないようにしようと思います。
昨日は丹沢の最難関コ−スを歩き顔立ちがフモトスミレに似たコミヤマスミレを見て一息つきました。
(この違いだけはわかる)夏山は何処でどんなスミレに会えるか楽しみです。



Re: これもフモトスミレの範疇 あけみ - 2011/05/19(Thu) 18:41 No.2869  

takigoyamaさん
こんばんはっ♪

お役に立てず申し訳ないです。
変わった個体を見つけたら
是非とも写真を見せてくださいねっ
私も勉強中の身です。
色々な種類や個体を見ることはとても勉強になります。

今回見つけられた個体も、今後種子を付けるか否か
是非とも知りたいところです。
お時間が許せば追跡調査をお願い致します。
お待ちしております♪


白いスミレ 投稿者:ケロリン2 投稿日:2011/04/17(Sun) 23:48 No.2708  
初めまして。比較的スミレは良く調べているつもりですが、今日はあれ?っと思う個体に出会いましたので、教えてください。
余り綺麗に写真が撮れませんでしたが、宜しくお願い致します。
見た場所は東京都です。

まず、全体です。



Re: 白いスミレ ケロリン2 - 2011/04/17(Sun) 23:52 No.2709  

次は花のアップです。
柱頭はカマキリ形ではなく、タチツボのようにすっきりしていました。
側弁にも毛はないように見えました。



Re: 白いスミレ ケロリン2 - 2011/04/17(Sun) 23:53 No.2710  

距はまるく、ぽってりしていました。



Re: 白いスミレ ケロリン2 - 2011/04/17(Sun) 23:54 No.2711  

葉は花よりはるかに上まで伸びており、形も丸みを帯びて、切れ込みもはっきりしていました。

交雑種でしょうか??



Re: 白いスミレ あけみ - 2011/04/18(Mon) 17:05 No.2712  

ケロリン2 さん
こんにちは。

写真がちょっと小さいので柱頭の形がはっきりとは見えないのですが
葉の形、紫条の形、距の形などから全体を見て
「ナガバノスミレサイシン」ではないかと思います。

一番雰囲気が似ている写真を添付してみます。



Re: 白いスミレ ケロリン2 - 2011/04/18(Mon) 23:12 No.2713  

>あけみさん

回答有難うございます。
写真ははっきりせず申し訳ありません。
しかし、側弁は無毛でしたが,柱頭はカマキリの頭型でなかったのは間違いありません。
葉の形は、変化の範囲内ということでしょうか。随分先が丸くて驚いたのですが。

近くにはナガバノスミレサイシン(白花を含む)、ヒカゲスミレ、(ケ)マルバスミレ、エイザンスミレ、などが咲いていました。

やはり、ナガバノスミレサイシンのちょっと変わった個体とかんがえるべきなのでしょうか。


Re: 白いスミレ あけみ - 2011/04/19(Tue) 17:36 No.2717  

ケロリン2さん
こんばんは。
「ナガバノスミレサイシン」の柱頭は厄介で
カマキリ型をしている個体もあれば
クチバシ型に見える個体と紛らわしいのです。
参考にややクチバシ型の「ナガバノスミレサイシン」の写真を添付します。
ちゃんと写っている写真があまりなくて参考にならないかも知れません(汗)



Re: 白いスミレ ケロリン2 - 2011/04/19(Tue) 18:14 No.2719  

詳細に有難うございました。
個体差も大きいのですね。
細かい画像も有難うございました。
勉強になりました。
また何かありましたら宜しくお願い致します。<m(__)m>


スミレがわかりません 投稿者:ポンチ 投稿日:2011/04/23(Sat) 02:32 No.2721  
過去に、こちらでお尋ねしたか、あるいは他で訊いたかもわからなくなりましたが、千葉県某所の『スミレ』。
側弁が無毛の『スミレ』が出る場所と思いこんでいたところが、今年は当たり年なのかたくさん花を咲かせていました。
ところが、この写真を見ると、同じ株の中でも立ちあがった厚めのシャッキリした葉は『スミレ』っぽいような気がするのですが、広がった、ややヨレヨレした葉は『ノジスミレ』っぽい印象もかんじてしまいます。
この花、『スミレ』でいいのでしょうか?



Re: スミレがわかりません ポンチ - 2011/04/23(Sat) 02:41 No.2722  

たくさんの写真を撮ったので、この株と同一ではないと思われますが、ここの側弁に毛のない花。
みんな『スミレ』かと思っていたのですが、『ノジスミレ』との交雑なんていうのも考えられるのでしょうか?
さっぱりわからなくなりました。
あるいは、全然別だったりして???
以上、よろしくお願いします。



Re: スミレがわかりません ポンチ - 2011/04/23(Sat) 02:51 No.2723  

色はどうしようもないのですが、これはフラッシュ使用。
少し赤い方へひっぱった写真なのですが、柱頭はこんな感じなのですが・・・。



Re: スミレがわかりません ポンチ - 2011/04/24(Sun) 08:08 No.2727  

この写真を貼ろうかどうか迷ったのですが、側弁に毛のない花を咲かせる株の葉。

ただ、後で気付いたのですが、みんながみんな、こんな葉っぱではなかったような気もするので・・・。

印象では側弁に毛のあるタイプとないタイプ。
半々、あるいはないものの方がやや多いという印象の場所なのですが。



Re: スミレがわかりません あけみ - 2011/04/24(Sun) 23:59 No.2739  

ポンチさん
こんばんはっ♪
このすみれのお尋ねはおーばさんのところで話題になった娘ですね♪

花を見る限りでは「ワカシュウスミレ(スミレの側弁無毛品)」に見えます。
葉の形も「スミレ(マンジュリカ)」の芽だしの葉であると思われます。
「スミレ」の翼は花後に発達してくるので花期には目立たない場合が多々あります。
No.2721の左手前に見えているすみれが「ノジスミレ」の可能性があります。
実物を確認できれば一目瞭然なのですが・・・

出来れば距がはっきりわかる写真があれば良いのですが・・・
花弁とかすかに見える距に「ノジスミレ」の痕跡がないので
交雑種の可能性は低いと思います。


Re: スミレがわかりません ポンチ - 2011/04/25(Mon) 00:22 No.2743  

こんばんは。

あけみさん、毎度毎度お世話になります。
この場所は、毛があったりなかったりするので悩むのですが、花の印象も微妙に違うような違わないような。

まったく別の場所に『ノジスミレ』の群生地というのもあって、そちらはもう少しヨレヨレのだらしない花を咲かせて、今はもう終わっちゃったかな?
ここの『スミレ』とは印象も違うのですが、いろいろ見ているとわけがわからなくなってしまいます。
距の様子も、あまり意識して撮っていないのですが、同所のもの。
やはり、この場所は『スミレ』の側弁の毛があったりなかったりの場所なのでしょうか?
毎年毎年、この時期は首をひねるばかりです。
ややこしい。



Re: スミレがわかりません ポンチ - 2011/04/25(Mon) 00:41 No.2746  

も一つ。
これは「毛」があるから素直に『スミレ』でいいのかもしれませんが、開花から時間が経っているか?、なんだかひしゃげた花。
個体差はあげつらってもしょうがないのですが、なんかわかりにくい奴らですね。
柱頭がカマキリ型だから、それでいいのかもしれませんが。
難しい。



Re: スミレがわかりません あけみ - 2011/04/25(Mon) 01:02 No.2749  

ポンチさん
お疲れ様です。

やはり距を見る限りでは
「スミレ(マンジュリカ)」の側弁無毛品の「ワカシュウスミレ」で良いと思います。
すみれは変異が多いのが厄介なのですが、そこが奥深くて良かったりもします。
一度泥沼につかると二度と這い上がれなくなりますので注意が必要です。(微笑)


Re: スミレがわかりません ポンチ - 2011/04/25(Mon) 08:20 No.2752  

あけみさん 夜遅い時間までお付き合いいただいて、大変ありがとうございます。
今度は、もう少しわかりやすい写真にチャレンジしたいと思います。
できればツーショットで違うタイプが撮れれば・・・・・。
ありがとうございました。


お尋ねします 投稿者: 投稿日:2007/04/30(Mon) 21:21 No.970  
こんばんは。
いつもお世話になります。
今回お尋ねするスミレは、北関東の山間部で撮影したものです。
標高は1000m前後で、スギと落葉広葉樹の混交林です。付近に
はヒナスミレ、フモトスミレ、エイザンスミレ、ヒゴスミレが
多く、少し離れた場所にはアケボノスミレやマルバスミレも群
生してます。
側弁は無毛で、距の形態はどちらかといえばフモトスミレに似
ています。



Re: お尋ねします  - 2007/04/30(Mon) 21:22 No.971  

こちらは、少し大きく撮った画像です。



Re: お尋ねします  - 2007/04/30(Mon) 21:23 No.972  

こちらは、葉っぱが少し変わってます。



Re: お尋ねします あけみ - 2007/04/30(Mon) 21:57 No.973  

こんばんはっ

No.970とNo.971は
「ミドリミツモリスミレ」の可能性が大>No.971に側弁毛があるように見えます。

No.972は
「キクバマキノスミレ」か「カワギシスミレ」の可能性があります。
どちらなのかは現時点では不明です。

No.971の写真をお借りして
側弁の位置を示しました。
お手元の写真で確認して頂けますか?



Re: お尋ねします  - 2007/04/30(Mon) 22:19 No.974  

あけみさん、いつもありがとうございます。
実は、カワギシスミレの可能性は抱いていましたが、自信が持て
ませんでした。その一つとして、当地ではマキノスミレ、シハイ
スミレが見当たらなかったことにあります。もう一方のスミレは
ミドリミツモリスミレだとすれば、側弁の無毛タイプという可能
性は考えられませんか?



Re: お尋ねします  - 2007/04/30(Mon) 22:20 No.975  

さらにもう一枚です。



Re: お尋ねします あけみ - 2007/04/30(Mon) 23:08 No.976  

こんばんはっ

う゛〜ん・・・
「ミドリミツモリスミレ」には4パターンあることは確認できていますが
お写真の子が絶対に「ミドリミツモリスミレ」だと断言することは出来ません。
が、写真の子は「ミドリミツモリスミレ」の可能性が高いのは
間違いありません。

ただ気になったのは
葉の付き方と花の付き方です
暗い場所の個体だと確かに写真のように
葉数と花数が少なくなるのですが
日当たりの良い場所だと葉数も花数も多くなるのが
この種の特徴だと思っています。>私が観察している場所がたまたまそうなのか?
やっかいなことに稔性を持つことが多いのもこの種の特徴のようです。

仰るように
側弁に毛のないタイプ「マキノスミレ」似の「ミドリミツモリスミレ」
側弁に毛のあるタイプ「マキノスミレ」似の「ミドリミツモリスミレ」
側弁に毛のないタイプ「フモトスミレ」似の「ミドリミツモリスミレ」
側弁に毛のあるタイプ「フモトスミレ」似の「ミドリミツモリスミレ」
と、4タイプありますが
同定するまでには何度も現地に足を運び
種子の状況や発芽テスト親株探しなど2〜3年掛かる場合もあります。
柱頭〜子房を拡大で写真を撮ると早くわかるかも知れません。

参考までに
「マキノスミレ」タイプ(無毛)



Re: お尋ねします あけみ - 2007/04/30(Mon) 23:10 No.977  

参考に
「マキノスミレ」タイプ(有毛)



Re: お尋ねします Shin's - 2007/05/03(Thu) 12:24 No.978   HomePage

翼さん、はじめまして。
こちらの掲示板でははじめてコメントさせて頂きます。
あくまで写真を拝見した印象ですが・・・。

写真に距が写っていないなど、不明な部分もありますが
最初の写真はシハイスミレでは?
近所の丘陵地〜山地でシハイスミレはごく普通に見られます。
側弁有毛品や葉に微毛がビッシリ生えるもの、花色も白〜濃ピンク。
少し足をのばせば、マキノスミレが混じる場所もあります。
シハイスミレは少ないながらも関東・東北まで見られます。
逆に普通マキノスミレが見られない西方にもマキノスミレが生育して
いる場合があります。つまり、母種・変種の特徴が明瞭に発現した
個体では地域にこだわることなくどちらに判断しても良いと考えます。
混生地でこのすみれを見たらシハイスミレと判断するでしょう。

最初のすみれをシハイスミレと判断すれば自ずと3枚目はカツラギスミレ
ということになります。関西の草原を有する山ではしばしばこの交雑種が
観察され、「写真集 日本のすみれ」でも大阪・兵庫産の写真が掲載され
ています。名前の由来になった和泉葛城山は府下最高峰の金剛山の南に位置
し北に連なる大阪・奈良府県境の大和葛城山としばしば誤解されます。
1918年小川由一氏発見と聞きます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 修正・削除キー

- Joyful Note -