441163
すみれの集い画像掲示板
[トップに戻る] [掲示板の利用上の注意] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
投稿する前に必ず「掲示板の利用上の注意」をお読み下さい。
「どんな種類のすみれ?」と言う疑問にお答え出来るかも・・・
(もちろん同定以外のすみれの情報も受け付けてます。)
写真だけでの同定は大変難しいので
出来るだけ「花の拡大画像」「花の横からの画像」「植物体全体の画像」「葉の画像」を添付して下さい。
複数の画像をアップする場合は、返信にて投稿して下さい。
※ 撮影場所は都道府県+北部、中部、南部などまでとしてください。(市町村名は書かない。)
当会は原則としてマルチポストを認めておりません。マルチポストはご遠慮下さい
画像の容量は500KBまでとしてください。
海外からの不正アクセスにより掲示板のデータが破壊されました。
全てを復元することはできませんでした。
投稿してくださった方には大変ご迷惑をお掛けします。

 
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL (ホームページをお持ちの場合に入力)
画像添付 (掲示板に写真をアップする場合に入力)
修正・削除キー (英数字で8文字以内 記事の修正・削除時に必要です)
文字色

お世話になっています 投稿者:林 育浩 投稿日:2008/04/09(Wed) 19:52 No.1173   HomePage
広島県西部の標高400mの里山在住の林育浩と申します。偶然この掲示板を見つけました。フカイあけみさんにはoNLIME植物アルバムの掲示板でお世話になりました。
「すみれ」については、今後この掲示板でご教授願いたく、よろしくお願いします。
早速ですが、件の「タチツボスミレ?」について今朝もう一度見て来ました。その辺り20-30m四方に同様のスミレが繁茂しています。添付写真はあの「タチツボスミレ?」の5-6m東で見つけました。当地は中国山地で山陰地方との分水嶺近くに位置しています。そんなことから「山陰型タチツボスミレ」の可能性はありませんか? 



Re: お世話になっています あけみ - 2008/04/09(Wed) 20:52 No.1174  

こんばんはっ

あちらではお世話になっております。
こちらでもよろしくお願い致します。

今回の写真の個体は「山陰型コタチツボスミレ」で良いと思います。
             ↑
            (コ)
が、あちらの個体は典型的な特徴がはっきりと見られないことと
色の濃い個体については柱頭の形が違うように見えます。
群生している場所にたった一株交雑種が咲いていることもありますし、親から離れた場所にひっそりと咲いている場合もあります。
何にしても写真から読みとれる情報のみで同定しておりますので、間違った場合には平にご容赦を・・・ 


Re: お世話になっています 林 育浩 - 2008/04/09(Wed) 22:09 No.1176   HomePage

あけみさん、ありがとうございます。
関連してもう一つ、件の「タチツボスミレ?」の西方20-30mの地点で見つけました。ナガバノタチツボスミレでよろしいでしょうか? 



Re: お世話になっています 林 育浩 - 2008/04/09(Wed) 22:11 No.1177   HomePage

花の正面アップ写真を添付します。



Re: お世話になっています あけみ - 2008/04/09(Wed) 22:46 No.1178  

こんばんはっ
「ナガバノタチツボスミレ」×「タチツボスミレ系」の交雑種
ここまで毛があるとなると「ウスゲスミレ(ナガバノタチツボスミレ×ニオイタチツボスミレ)」の可能性が高いと思います。
しかし・・・
毎年思うことですが
林さんのフィールドは交雑種が多く発生する場所ですねっ
凄く羨ましいですっっ>無類のタチツボスミレ系好きなものでして・・・(汗)


Re: お世話になっています Shin's - 2008/04/09(Wed) 23:57 No.1179   HomePage

No.1166のレスを別掲示板でレスしている関係で伺いました。

林さん、あけみさん、yamazakiさん、お久しぶりです。
幾点かお聞きしたいのですが、「山陰型コタチツボスミレ」は質問者の林さんも
山陰型タチツボスミレと表現されていますが、正式な表現でしょうか?

また、回答に交雑種が多いと思っているのは私の思いこみですか?
No.1176はナガバノタチツボスミレ有毛品、通称ケナガバノタチツボスミレでは
整合しませんでしょうか?

また別掲示板で私が最後にレスしたNo.1166、君野@長崎さんのすみれは
交雑種で片親が100%以上の確率でアリアケスミレとされているようですが、
側弁多毛、距がぽってり短かくて丸い、花に対して葉数が多い、ヘラ形の葉、
花柄断面U字形、唇弁及びその他花弁の紫条の走り方の相違・・・等の特徴
はどうして見られないのでしょうか?

お答えいただけると、スッキリします。



Re: お世話になっています 遠藤 - 2008/04/10(Thu) 08:41 No.1181  

遠藤です。名称に関して言うとWeb上で一人歩きをしていると思います。山陰型タチツボスミレという表現は便宜上のことと思います。日本海型タチツボスミレと提唱している人も便宜上です。その基本的調査を長いことしている人は日本海タチツボスミレと提唱してます。この形は確かにタチツボスミレとは違う物と判断していいものですが、認める機関がありません。本、雑誌等に載ると通り名にはなりますが、これもまた違った人が言い出すと変わってしまう可能性があります。通り名と思ってお使い下さい。特徴等も同じで毛が多い、少ない、あるなしで名前を変えて居りますが、バラツキの中で見ると同じ物が沢山あります。バラツキが興味の対象ではあるのですが!


Re: お世話になっています Shin's - 2008/04/11(Fri) 21:24 No.1185   HomePage

遠藤様、いつも明快なご返答、拝見しております。ありがとうございます。

すみれの世界には触れてはいけない「タブー」のようなものがあるのか?と感じて
しまうものが多く・・・例えばトウカイスミレ、コタチツボスミレの定義、白花の定義
などですが、いがり氏は図鑑「日本のスミレ」のなかでこれらの問題点を明快に述べ
かつ正式に記載されている名称かを併記されています。

その点からして「Web上で一人歩きをしている」とは言い難い状況かと判断しています。
おっしゃっている状況やすみれの面白さが「バラツキ」にあることも理解しているつもりです。

気がかりに思っているのは同様な立場であるはずの「山陰型コタチツボスミレ」を
正式名として訂正、指導している点です。鵜呑み表記している方も見かけます。

すみれの種名判断つまり同定作業では十人十色の判断が出ても、神のみぞ知る領域でも
あるので異なった判断がでても止むを得ません。

また、ノジスミレの変種が九州南部〜存在し、リュウキュウコスミレとされているのは
ご存じと思いますが、私の判断を裏付けるように、かなり以前にいがり氏は九州の
ノジスミレに関しては注意すべきとしているようです。
※ いがり氏の主張内容が私が兼ねてより抱いている思いと一致しているだけで、
私がいがり氏の熱心な信奉者というわけではありません。お会いしたこともないです
ので念のため。


Re: お世話になっています 遠藤 - 2008/04/11(Fri) 22:55 No.1186  

遠藤です。昔、亡くなった三木先生(趣味のすみれの世界の大先達)が言っていたことは「自分はアマチュアーの権威だでした。」皆アマチュアーと認識すべきと思います。楽しんでいるうちは良いのですが、いつの間にか自分の言うことのみ正しいと勘違いしてくるわけです。きちんと学問的手続きをしていない名前はカタログネームでなんと付けても構わないわけです。皆さん楽しんでいるのでここで終わりにします。
*ノジスミレに関して言えばスミレに国境は無いわけで九州から沖縄にかけてリュウキュウコスミレに変化して行くわけですが、その先があるわけです。このスミレはビオラ・フィッリピ−ナと言うのが基本種でリュウキュウコ、ノジはその亜種という考え方です。シレトコスミレも樺太との続きを考えると面白いですね。あまり小さく考える必要は無いのです。植物は固定している物ではなく環境に適応して形態を変える可能性があります。


Re: お世話になっています あけみ - 2008/04/12(Sat) 00:15 No.1188  

Shin'sさん
こんばんはっ

えっと・・・
私が直しているのは「タチツボスミレ」と「コタチツボスミレ」の部分に対してだけです。
「山陰型タチツボスミレ」と「山陰型コタチツボスミレ」だと全く別のものになってしまいます。
私はあえて「山陰型」としているのは「シーボルトタイプ(九州型)」の「コタチツボスミレ」が存在するからです。
同じ「コタチツボスミレ」と称しながら形態はかなり違っています。
しかし、「コタチツボスミレ」のタイプ標本はシーボルトの採取したものですので分けているのです。

また「タチツボスミレ」で見た場合、地域で明確に分かれているようには思えませんので「山陰型」と付けるつもりはありません。

遠藤氏もいっているように皆便宜上の名称です。

「ナガバノタチツボスミレ」の件ですが
「ナガバノタチツボスミレ」は明確に花弁の裏側が白く抜けている特徴があります。
葉の形についてもどちらとも言い切れない形をしているように思います。
実物を見れば確実なことが言えますが写真では微妙なニュアンスは伝わりにくいかと思います。

「アリアケスミレ」のことですが
「アリアケスミレ」を片親にもつとかなりの確率で唇弁に「アリアケスミレ」の特徴が出ます。
唇弁の形と距の形から両種の交雑種であると同定致しました。
別の掲示板については見ておりませんので、ここでお答えすることはできません。

「リュウキュウコスミレ」と「ノジスミレ」については遠藤氏もいっているとおりで、すみれの世界では当たり前であり、いがり氏が初めてとなえたことではないと思っております。

※余談※
すみれを気にして見始めて2〜3年位で雑種ばかり目にすることがあります。
何だか変な感じだと思ったものは、交雑種を研究している方に見て頂くと、ほぼ雑種であると同定されます。


Re: お世話になっています 林 育浩 - 2008/04/17(Thu) 20:58 No.1242   HomePage

あけみさん、今晩は
お礼の返信が遅れて申し訳ありませんでした。
途中から、Shin'sさんや遠藤さんの専門的なコメントなどがあって、すみれ素人の入り込む余地がありませんでした。
No.1173は「山陰型コタチツボスミレ」、でも未だ公に認められた種ではないということでしょうね。いがりまさし著「日本のスミレ」p.62-63では、少なくとも3ヶ所で「山陰型タチツボスミレ」とありますが、これらは誤植でしょうね。索引では「山陰型コタチツボスミレ」となっています。
No.1176-1177は「ウスゲスミレ(ナガバノタチツボスミレ×ニオイタチツボスミレ)」の可能性が高いということで了解しました。

遠藤さん、Shin'sさん、
当方はすみれ素人ですが、これを機会にご指導よろしくお願いします。


距は少し短いのですが。 投稿者:アザミの歌 投稿日:2008/03/28(Fri) 22:09 No.1134  
又御世話になります。
昨年の3月11日に三重県中部の山間で撮ったスミレです。
石垣に生えていました。
ツルタチツボスミレもナガハシスミレも未見なので、図鑑を参考にいたしましたところ、花の形などはツルタチツボスミレに似ていてナガハシスミレほど距が長くないようにに思います。
葉の形はナガハシスミレに似ているように思います。
それとも他のスミレなのかもわかりません。

映像はこの一枚しかないのでわかりにくいと思いますが、何スミレなのかよろしくご教授をお願いいたします。


管理より 
編集しました。



Re: 距は少し短いのですが。 あけみ - 2008/03/28(Fri) 23:12 No.1135  

こんばんはっ

う゛〜ん・・・
悩ましい写真を投稿されるぅ〜〜〜

全体の雰囲気だとちょっと距の長い「タチツボスミレ」
葉の詳細がわからないので75%
「交雑種」の可能性20%
「ナガハシスミレ」の可能性5%>かなりオマケ
「ツルタチツボスミレ」の可能性0%

先の投稿で「全体を見ることが大切」だと遠藤氏も言っている通り
花だけでなく距の形や色、葉の形、表裏の色、花の紫条や形を
照らし合わせ符合するものを探す事が大切です。
>アザミの歌さんだけに言っているわけではなく、同定する上でです。

参考に「ナガハシスミレ」の各地の花色々を添付します。



Re: 距は少し短いのですが。 あけみ - 2008/03/28(Fri) 23:14 No.1136  

オマケで
「ツルタチツボスミレ」の写真です。
日本海側に生育する種です。



Re: 距は少し短いのですが。 アザミの歌 - 2008/03/29(Sat) 00:29 No.1137  

あけみさん、度々有難うございます。
先の編集を有難うございます。

やはりタチツボスミレでしたか。
普段見るタチツボスミレより心なしか距が長いように思ったものですから、悩んだのですが、観察未熟でした。
ツルタチツボスミレはそのようにツルで伸びるのですね。
花も全然違いますね。(^^;)
ナガハシスミレは花色も沢山あるのですね。
でも、距の長さはやっぱり長いですねえ。(^^)
未見の花に遇いたさに、それっぽく希望を持ってしまう悪い癖がありそうです。(汗)
机上の観察ばかりで、実態がつかめないのがよくないですね。
とても勉強になりました。

色々有難うございました。又これに懲りずよろしくお願いいたします。


これの名前もお願いします。 投稿者:511GO 投稿日:2008/03/22(Sat) 20:58 No.1125  
先にお願いしたNo.1121 と同じところにあったものです。初めは同じスミレで花色が少し濃いものだと思っていたので、詳しくは撮影しなかったのですが、よく見ると違う種類のようにも思えるので、教えて下さい。



Re: これの名前もお願いします。 511GO - 2008/03/22(Sat) 21:00 No.1126  

花の拡大です。側弁基部は無毛です。



Re: これの名前もお願いします。 あけみ - 2008/03/23(Sun) 02:21 No.1129  

こちらも結論から・・・
「コスミレ」です。

実は「コスミレ」と「スミレ(マンジュリカ)」の同定が一番難しいと思う今日この頃・・・

距が見えないのがちょっと残念ですが
葉の形や紫条の形は「コスミレ」そのものだと思います。

確率は・・・
「コスミレ」85%
「交雑種」10%
「その他の種」5%


Re: これの名前もお願いします。 511GO - 2008/03/23(Sun) 23:48 No.1131  

あけみさん、これも教えていただきありがとうございます。
実は先週、この場所から2Km ほど離れたところでコスミレを撮影しました。山渓ハンディ図鑑6『日本のスミレ』に出ている写真と全く同じようで花色もこの株より濃いものでした。その花色の印象が強く、この株の名前候補としてはコスミレは浮かびませんでした。
教えていただき、再度繁々と見てみると、確かにコスミレのようです。
むずかしいーー!


コタチツボスミレ? 投稿者:アザミの歌 投稿日:2008/02/12(Tue) 15:14 No.1103  
このたびもまた御世話になります。
2003年4月10日撮ったものですが、コタチツボスミレと思い込んでいた種類のスミレです。
三重県の南部の山で撮りました。
大きさは百円玉で比較してみました。
このときは同定にいろんな角度から撮る事の意識がなかったのでこのような映像しかありません。



Re: コタチツボスミレ? アザミの歌 - 2008/02/12(Tue) 15:15 No.1104  

少しアップにしたところです。



Re: コタチツボスミレ? アザミの歌 - 2008/02/12(Tue) 15:16 No.1105  

これも同じところに咲いていたものですが、個体は違います。



Re: コタチツボスミレ? アザミの歌 - 2008/02/12(Tue) 15:18 No.1106  

全体の咲いていた環境です。
こんな映像ではわかりにくいかもしれませんが、検索してもいまいち自信が持てません。
よろしくお願いいたします。



Re: コタチツボスミレ? あけみ - 2008/02/12(Tue) 22:32 No.1107  

こんばんはっ

ん゛〜〜〜〜〜
これは難問ですっっ

「コタチツボスミレ(シーボルト)」や「コタチツボスミレ(山陰タイプ)」と
呼ばれているものとは、ちょっと違うように思います。
パッと見は「ナガバノタチツボスミレ」かなぁ〜〜〜〜
理由としては、
花色のグラデーションのかかりかた、紫条の形、3枚目の葉裏の色がそれを示しているからです。

「コタチツボスミレ」の定義は
1.葉の基部は深い心形にならない
2.匍匐性が強い
3.葉の鋸歯が粗く尖っている
以上の3点となります。

「ナガバノタチツボスミレ」の定義
1.葉裏が紫色になる個体が多い
2.花後に葉が顕著に長くなる(葉先は尖る)
3.花は「ニオイタチツボスミレ」に似て中心部が白く抜ける
4.「ニオイタチツボスミレ」との違いは植物体に微毛がないこと
以上4点となります。

「ナガバノタチツボスミレ」70%
「交雑種」15%
「難しいので保留」15%(苦笑)




Re: コタチツボスミレ? アザミの歌 - 2008/02/12(Tue) 23:38 No.1108  

あけみさん、いつも御世話になり有難うございます。
ナガバノタチツボスミレが近かったのですね。(^^;)
初めナガバノタチツボスミレとかテリハスミレとか書いていたのにコタチツボスミレと確信をもって書き換えていました〜。(汗)
早速ナガバノタチツボスミレに書き換えます。

見れば見るほどスミレは難しいですね。
素人の思い込みでつけていたのですが、あけみさんのような心強い方に確認をしていただいてから名前をつけるようにいたします。(^^)
まだわからないのがいっぱいありますのでこれからもよろしくお願いいたします。

これも「3、葉の鋸葉が粗く尖っている」に当てはまらないのでコタチツボスミレではないようですね。



Re: コタチツボスミレ? 遠藤 - 2008/02/13(Wed) 07:55 No.1109  

遠藤です。あけみさんの言うようにナガバノタチツボスミレです。大きさで言うとこの地域は小型の物が多いです。又葉の形は花の咲く時期は長くならないので何故ナガバノと付くか不思議がる人も多いのですが花後はナガバになります。すみれは花の咲き時期に注目されますが、1年を通じて観察してみてください。


Re: コタチツボスミレ? 大竹 - 2008/02/13(Wed) 15:46 No.1110  

あけみさん、遠藤さんと同じ意見です。
ナガバノタチツボスミレは、よく葉の主脈が赤くなり葉の色も少し濃くなる
傾向があります。この写真でも主脈が赤く、葉の色が濃く見えます。
また普通のタチツボスミレにくらべると唇弁の紫条がやや多くなることが
多いようです。


Re: コタチツボスミレ? アザミの歌 - 2008/02/13(Wed) 21:59 No.1111  

遠藤さん、大竹さん、初めまして。
出かけていましたのでお返事が遅くなり申し訳ございません。

すべてナガバノタチツボスミレだったのですね。
以前に撮ったことのある明らかにナガバノタチツボスミレとわかる固体と見比べてみますと、葉の先などが似ていたり主脈が赤みがかっているのもありました。
これからはそれぞれの定義や、赤みの帯びたものなどを観察して見分け方を勉強させていただきます。(^^)
あけみさん、遠藤さん、大竹さん、有難うございました。
今後ともよろしくお願いいたします。


Re: コタチツボスミレ? こうのとり - 2008/02/17(Sun) 22:53 No.1112  

皆さんはじめまして、兵庫県在住のこうのとりと申します。

私はスミレ類は難しくて今まで避けてきたのですが、これではいかんとただ今勉強中です。そこで申し訳ないのですがアザミの歌さんに便乗して少しお教えいただきたいのですがNo:1103もナガバノタチツボスミレなのでしょうか?
ナガバのタチツボスミレにしては唇弁の紫条が短いことや、葉の色がきれいな緑色である事などからタチツボスミレではないかと思うのですが如何なものでしょうか?
宜しくお願いいたします。


Re: コタチツボスミレ? 遠藤 - 2008/02/18(Mon) 20:34 No.1113  

遠藤です。画像を見るときに大事なのは先ず全体観です。部分から積み上げて評価すると失敗します。例えば葉の色が綺麗な緑色といっても直接見たものでないのでなんともいえません。PC上では正当な評価は出来ません。唇弁の紫条が短いとは思えないのですが、バラツキの範囲と思われます。しかし1103は皆さんが判断したように確かにナガバノタチツボスミレです。


Re: コタチツボスミレ? こうのとり - 2008/02/18(Mon) 21:10 No.1114  

遠藤さん、初めまして
スミレ類のスペシャリストの方々に対して初心者の私が失礼な事を申し上げた事お詫びいたしますm(_ _)m
しかし、私にはNo:1103写真のどの部分でナガバノタチツボスミレと決定できるのか良くわかりません。
誠に申し訳ないのですが、初心者の私にでも良くわかるようにお教えいただけないでしょうかm(_ _)m
宜しくお願いいたします。


Re: コタチツボスミレ? あけみ - 2008/03/23(Sun) 02:11 No.1127  

アザミの歌さま
 お返事が遅くなったけど見てるかなぁ〜?
 お尋ねのNo.1108は「タチツボスミレ」だと思われます。
 「コタチツボスミレ」は比較的上弁が跳ね上がると言うか・・・
 反り返るというか・・・ちょっと独特なの・・・
 花色のグラデーションも「タチツボスミレ」や「ナガバノタチツボスミレ」とは異なるし・・・
 なので、総合評価は「タチツボスミレ」です。

こうのとりさま
 唇弁の紫条が短いとのことですが、どの程度なのでしょう?
 また、葉の色は綺麗な緑色をした個体もあります。
 一番の決め手は花と花後の葉でしょう。
 取りあえず京都〜岡山で撮影した「ナガバノタチツボスミレ」の花の写真を添付します。
 地域個体差などがあるのがわかると思います。>共通点もあります。



Re: コタチツボスミレ? アザミの歌 - 2008/03/28(Fri) 21:38 No.1133  

あけみさん、こんばんは。(^^)
いつも御世話になります。
スミレの季節になりましたので、皆様のお尋ねのお花を参考にさせていただこうとお訪ねさせていただいたところ、あけみさんのタチツボスミレとのお答え有難うございます。(^^)
タチツボスミレも花の色などの個体差が多いのですね。なるべく葉なども重視してみるようにいたします。
有難うございました。
気がつくのが遅かったのでこのスレにレスをつけると他の方たちのスレが下に送られるので、新たに起こした方がいいのか迷ったのですが、質問と離れるといけないのでこちらにさせていただきました。
長くなって申し訳ございませんm(_ _)m
でも、葉は共通していることが多そうなので、葉も重視することにいたします。


このスミレの名前を教えて下さい 投稿者:511GO 投稿日:2008/03/22(Sat) 20:46 No.1121  
今日(3月22日)神奈川県西部の林道脇で撮影しました。フモトスミレ、ヒナスミレが似ているような気がしますが、私には区別がつきません。よろしくお願いします。



Re: このスミレの名前を教えて下さい 511GO - 2008/03/22(Sat) 20:48 No.1122  

花の拡大です。側弁基部には毛があります。



Re: このスミレの名前を教えて下さい 511GO - 2008/03/22(Sat) 20:51 No.1123  

花の横姿です。花茎には細かい毛があります。但し花茎の毛は、殆んど目立たない株もありました。



Re: このスミレの名前を教えて下さい 511GO - 2008/03/22(Sat) 20:53 No.1124  

葉の裏は、この写真のように紫色を帯びている株と緑色の株がありました。葉の表側には、細かい毛がありました。



Re: このスミレの名前を教えて下さい あけみ - 2008/03/23(Sun) 02:17 No.1128  

こんばんは。

結論から言いますと
「ヒゲコスミレ」です。

葉の形、紫条の形、葉裏、距の形は全て「コスミレ」の特徴をとらえていると思います。

確率は
「ヒゲコスミレ」80%
「交雑種」15%
「他の種」5%


Re: このスミレの名前を教えて下さい 511GO - 2008/03/23(Sun) 23:38 No.1130  

あけみさん、こんばんは。返信、ありがとうございます。
出かけていたので、お礼が遅くなって済みません。
ヒゲコスミレ、早速ネットで探して見ました。納得です。
ありがとうございました。


教えて下さい。 投稿者:櫻井 投稿日:2008/02/24(Sun) 13:11 No.1115  
いつも御世話になって居ります。と、いいますか大変ご無沙汰
しております。私事で例会にも久しく出席もせず失礼しており
ます。久しぶりにこちらを覗いてみると、皆さん盛んに投稿へ
明快なご回答をされておられ感心させられるばかりです。そこ
で、以前例会でも一度お聞きしたことが有りましたが、すみれ
の先祖帰りについてお聞きしたいと思います。添付いたしまし
た写真は以前集いの方から分けて戴いたゲンジスミレですが、
昨年の9月に取り巻きしたもので、一月後位に盛んに閉鎖化を
付けその後11月終わり頃から正常花が咲き始め今に至ってい
ますが、ここ一ヶ月位出てくる花柄には両側の苞葉(小包葉)
からも花柄が伸び、初めの花が終わるとほぼ同じ長さまで伸び
て開花します。小包から出た花柄にも小包が観られますが、さ
すがにそこには花芽は無いようです。以前、マンジュリカでは
片側に短い花柄伸び開花するのはみたことが有りますが、両側
に正常花と同じ大きさの花が咲くのは観たことが有りません。
又、このゲンジスミレが他のスミレ達と一緒に咲いているとこ
ろも観たことが無いので、交雑していることも考えられません
。皆さんはそんなの何処にでもあるよ、と思って居られるかも
知れないので、もし資料等お持ちでしたら宜しく御教授願えれ
ばと思います。後もう一つスミレの薫って午前中は特に強いの
に夕方になると殆んどしなくなりますよね、そのメカニズムと
終日楽しむ方法が有れば教えて下さいませ。宜しく御願い致し
ます。


Re: 教えて下さい。 櫻井 - 2008/02/24(Sun) 13:25 No.1116  

 これが苞葉のアップです。



Re: 教えて下さい。 櫻井 - 2008/02/24(Sun) 13:52 No.1117  

 別の苞葉です。これは二週間程前の状態で、今は既に展開しています。



Re: 教えて下さい。 遠藤 - 2008/02/25(Mon) 08:23 No.1118  

遠藤です。これは「集散花序」です。先祖帰りの1つの形態です。本来スミレは1茎1花ではなく複数の花をつけたのではないかといわれています。過去に多くに人が見出し発表してます。ゲンジスミレも出しやすい種類です。他にも時たま見出されます。確率の問題と思います。発現しやすい系統はあるようなので大事に育てて下さい。


Re: 教えて下さい。 櫻井 - 2008/02/25(Mon) 09:41 No.1119  

 遠藤さんご無沙汰しております。明快なご回答有難う御座います。
原色日本のスミレにも(スミレ属の花序は元来、集散花序であったことを示す)とヒメスミレの例が記載されていました。今まで集散花序で無かったものが突然先祖帰りするなんて不思議ですね。先程観察したら両脇の小花柄の小包葉からも0.5ミリ程の蕾が出ていました。昔は一つの花柄から五つの花が咲いていたのでしょうか?そういえば以前見つけたコスミレは朔果が4片に側壁裂開するものが有りました、あれも先祖帰りだったのかただの奇形だったのか他では見たことが無いので特別だったのか、いずれにしろスミレって奥が深くて面白いですね。



Re: 教えて下さい。 櫻井 - 2008/02/25(Mon) 09:47 No.1120  

 これが小花柄から出だ五番目の蕾です。咲いたら又アップします。



教えてください 投稿者:potoru 投稿日:2008/02/02(Sat) 19:16 No.1095   HomePage
はじめまして。福岡に住むpotoruといいます。

先月(1月15日)、佐賀県北部で咲いていたスミレなのですが、ふつうのスミレ(マンジュリカ)なのでしょうか?近くにあったスミレ(マンジュリカ)に比べると葉柄・翼の形状がすこし違って見えたものですので。またヒメスミレもたくさんありましたので「スミレ×ヒメスミレ」の可能性もあるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。



Re: 教えてください potoru - 2008/02/02(Sat) 19:19 No.1096   HomePage

後ろから撮ったものです。



Re: 教えてください potoru - 2008/02/02(Sat) 19:21 No.1097   HomePage

一枚目とほとんど同じような写真なのですが・・・



Re: 教えてください potoru - 2008/02/02(Sat) 19:29 No.1098   HomePage

花のアップ写真がないのですが、1メートルくらい横に咲いていた、同じようなスミレ(唇弁に白い部分がない)の写真です。(参考にならなかったら申し訳ありません・・・)



Re: 教えてください あけみ - 2008/02/03(Sun) 20:46 No.1099  

こんばんは
初めまして♪

コメントが遅くなり申し訳ありません。

さて、写真を見る限りでは「スミレ(マンジュリカ)=明神タイプ」で
良いと思います。
季節外に咲いたため通常の個体とは違って見えたのではないでしょうか?
花柄も翼も変異の範疇だと思います。

交雑の可能性についてですが
「ヒメスミレ」の性質を受け継いでいるようには見えないので
可能性は少ないでしょう。>全くの0%ではないですが・・・


Re: 教えてください potoru - 2008/02/03(Sun) 23:05 No.1100   HomePage

あけみ様

教えていただきありがとうございました。おかげでスッキリしました。

また今後分からないことがあれば質問させてください、よろしくお願いします。


小さなすみれ知りませんか 投稿者:すみえ 投稿日:2008/01/02(Wed) 20:21 No.1086  
一昨年、石垣すみれ(白、一重)を購入。親株は、夏越しに失敗し、株分けした小さな苗は、いきています。葉は5oくらい。
このくらいの、大きさの紫に一重のすみれの、種類を、ご存じのかたお教えください。
明神すみれや、紅肥後すみれは、大きくなりすぎるので、困っています。


Re: 小さなすみれ知りませんか あけみ - 2008/01/02(Wed) 21:07 No.1087  

こんばんは

率直に申し上げます。
イシガキスミレより小さな紫色のスミレ(基本種)は国内にはありません。
(小さいのであればアマミスミレがありますが、淡桃で厳密には紫ではありません。)

園芸種には交配された小型のスミレが存在しています。>フェアリー系など
しかし、交配種の寿命は1〜3年しかなく
株を維持するためには根伏せ等が必要となります。


Re: 小さなすみれ知りませんか 遠藤 - 2008/01/03(Thu) 07:39 No.1088  

答えになっているか分かりませんが、紫色で小さいスミレはヒメスミレがあります。盆栽の中に飛び込んでいるとか、神社仏閣の道筋にたむろして咲いてます。栽培すると結構気難しい種類です。


Re: 小さなすみれ知りませんか すみえ - 2008/01/06(Sun) 23:18 No.1089  

とても、参考になりました。ありがとうございます。園芸種でも、かまわないので、一重で、紫のすみれ探してみます。
我が家には、駐車場の片隅で咲いていたすみれが、あり、デジカメを、覚えたら、また、投稿します。


このすみれは? 投稿者:よしゆき 投稿日:2007/12/15(Sat) 23:31 No.1079   HomePage
こんばんは。
久しぶりにまたお邪魔します。
花も少なくなったので、昔の写真を整理していました。
2001年4月7日に写した画像に、このすみれがありました。
島根県東部の里山の道路脇にあったものです。
この頃はまだ花だけを写していたので、各部の詳細な画像はなく、この画像しかありませんが、よろしくお願いします。



Re: このすみれは? よしゆき - 2007/12/15(Sat) 23:32 No.1080   HomePage

葉を含めた画像です。



Re: このすみれは? よしゆき - 2007/12/15(Sat) 23:33 No.1081   HomePage

横からの画像です。



Re: このすみれは? あけみ - 2007/12/16(Sun) 23:06 No.1082  

こんばんはっ
お久しぶりです。

お返事が遅くなり大変申し訳ありません。
慎重にと考えていたら遅くなってしまいました・・・

「オオタチツボスミレ×ナガハシスミレ=イワフネタチツボスミレ」の
可能性が高いと思います。
この子は「オオタチツボスミレ」の良いところと
「ナガハシスミレ」の良いところを
受け継いだ子だと思われます。

「ナガハシスミレ」を強く受け継ぐ子や
「オオタチツボスミレ」を強く受け継ぐ子と色々なタイプを見かけます。

参考に
新潟県で見かけた「イワフネタチツボスミレ」です。



Re: このすみれは? よしゆき - 2007/12/17(Mon) 22:40 No.1083   HomePage

あけみさん、ありがとうございます。
イワフネタチツボスミレの可能性ありですか。初めて聞く名前です。
距の様子が中途半端なナガハシスミレかな、なんて思ってもいました。
雑種ということなんですね。
場所を覚えているつもりなので、来春にはまたみてみようと思います。
その時にはまたお尋ねしてしまうかもしれませんね。
またよろしくお願いします。


27日(土)の件 投稿者:事務局より連絡 投稿日:2007/10/26(Fri) 07:53 No.1071  
明日の現地の天気は早朝に小雨
昼から回復するようです。

現時点では予定通り決行します。

今夜22時頃と明日朝6時頃に書き込みします。


Re: 27日(土)の件 事務局より連絡 - 2007/10/26(Fri) 22:36 No.1072  

22時30分の状況から考えまして
明日は台風の影響を少なからず受けそうですので
明日27日は中止にします。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 修正・削除キー

- Joyful Note -